【体験談】40代までモテなかった独身男性はおすすめ婚活パーティーを主戦場にしてはいけない

婚活の考え方

あくまで、〝40代までモテてこなかった独身〟という事実がキーポイントです(苦笑)。

 

私自身、中学時代と18歳の頃に女性から好意を持たれた奇跡以来、まったくモテてきませんでした。

 

 

基本的に、好きな人に告白しても相手からすれば友達未満扱いばっかりでしたし、ねるとんパーティーで気持ちを伝えて初デートでお酒を楽しんで浮かれて朝まで一緒に過ごそうと口説いたら

 

はぁ?ありえないでしょ、初日でとか(失笑)

 

と、女性の気持ちより自分の気持ちを優先するクズでモテない男性代表を貫いてきました…

 

 

あくまで私見になりますが、女性といままでお付き合いしてこれなかった・結婚した経験がない独身男性は、

婚活パーティーでミライの奥さんを見つけ出そうと意気込まない方がいいです。

 

この記事でわかること
●なぜ、40代独身男性にとって婚活パーティーが不利なのか の理由がわかる
●婚活パーティーの流れがつかめる
●婚活パーティー参加は3回未満にしておくべき

 

その理由と根拠を、いままでの参加経験を交えてお伝えするのですが、さきに結論から言うと、

女性側の不安ハードルを下げるのに、婚活パーティーでは時間が足りなさすぎるからなんですね。

 

理由その1:たくさんの女性と出会えるが おしゃべりタイムが削られる

おもに10対10・20対20の参加人数を募る婚活パーティーでは、お相手女性とのコミュニケーション時間が、5分または10分未満に限定されてしまいます。

 

なぜなら、パーティー開催から終了まで2時間~3時間未満となっているため、1対1のおしゃべりタイムがどうしても削られてしまうんですね。

 

婚活パーティーの流れ
①プロフィール情報の記入
②企画内容の説明
③軽食タイム(ホテル開催の場合)
④自己紹介をふくめたおしゃべりタイム
⑤マッチング集計・発表
⑥解散

 

おおよその婚活パーティーはこのような企画の流れになっています。

 

パーティー運営側としては、たくさんの女性と接点を増やして〝はじまりのきっかけ〟にしてほしい企画意図だからこそ、一人当たりのおしゃべりタイムに制限をかけなければなりません。

 

 

初対面同士の男女が5分・10分の制限時間内に自己紹介を済ませ、自分の魅力をさりげなくPRして・緊張している相手の心をときほぐすには、時間が足りなさすぎます。

 

例えるなら、真冬で冷え込んだ車のエンジンをスタートさせて5分後には暖まっていよいよアクセル踏み込むか…!という矢先に

 

はい、お時間でーす、隣の席に移ってくださーい

 

エンジン停止を命じられているようなものです(笑)。

 

 

これを女性の参加人数分、繰り返さなければならないので、モヤモヤの感情がどうしても止まらないんですね。

 

 

お相手女性とのたった5分間の会話でミライの奥さん候補を見極めなければならないというのは、40代独身男性にとっては酷です。

 

また、言い方は悪いですが、ベルトコンベアーのように10名~20名の女性とコミュニケーションをとり続けなければならないので、気になる女性が目移りしたり情報を覚えられなかったりでさんざんです…。

 

 

私のように、未婚でモテてこなかったおじさんは要領悪いんで、なおさらなんですね(苦笑)。

 

 

オンライン婚活パーティー(ZOOM)でも、おしゃべりタイムは平均5分

コロナ渦による感染拡大防止の観点から、直接対面を避けたサービスが各業界でも見られるようになり、

婚活市場においても、結婚相談所・婚活パーティーそれぞれの運営側はZOOMを活用してオンライン婚活を展開しています。

 

ただ、出会う場所が直接対面なのか間接対面なのか の違いだけなので、

オンライン婚活だからと言っておしゃべりタイムが5分から20分に延長されるわけではありません(苦笑)。

 

 

複数の女性と接点を持たせるという企画意図は変わりませんからね。

 

 

理由その2:気軽に参加できるからこそ どこか真剣度に欠ける男女たち

〝婚活〟パーティーですから、名目上「結婚を視野に入れた男女が活動する」んですけれども、パーティーを企画する運営側が我々に呼びかけるキャッチコピーには

  • 仕事帰りや空いた時間にサクッと参加できる…!
  • 出会わなければ始まらない 考えすぎずに、まずは一歩を踏み出そう…!

などのフットワークの軽さが大事だとPRしています。

 

 

たしかにその通りなんですが、その婚活パーティーのキャッチコピーに魅せられて予約ボタンを確定した後に、

まぁ、参加してダメだったらしょうがないよね、ご縁が無かったと思って 次、次

自分が傷つかないための言い訳を、無意識に・自動的に作りだしてしまいがちです。

 

 

なぜそのような思考になるかといえば、深く考えすぎずに楽しみながら出会えることがメリットの婚活パーティがゆえに、本来の目的意識を薄れさせて〝合コンに参加する感覚〟に陥ってしまうからなんですね。

この感覚は、街コンにも共通しています。

街コンをどんなに頑張っても結婚できないと悟ったモテない40代独身男性のオアシスは…

 

 

冷静に振り返ってもらいたいのですが、人生の折り返し地点を過ぎた40代には、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦をするほど時間に余裕はないはずです。

 

 

子供を授かることをもし考えているのなら、男性側にも不妊の原因が大きくあることを知って計画的に行動しなければならないのですから。

 

 

だからこそ、婚活に費やす1分1秒を重く受け止めてくれる場所選びが大事になってきます。

 

 

婚活は、真剣にやらなきゃ成婚をつかめないと思うんです。

 

付け足し理由:カジュアルな単発料金だからこそ 言い訳しやすい

モノやサービスに投じるお金の量は、覚悟の表れだと断言します。

 

たとえば、一人暮らしで自炊するために必要な食器を買わなければならない男性Aは、落として割っても「損をした」と感じない100円ショップでの購入を秒速で決めてその日に買いに行きます。

そこそこの品質と品ぞろえで、300円以下で購入できる圧倒的安さだから悩まずにサッと買うわけですよね。

 

 

婚活パーティーは、結婚を目的とした(名目上)10名~30名以下の男女が出会う場所で、その日限りのイベントに数千円を払うだけで、「結婚に向けて行動した自分」を肯定しつつ結果が出なくてもそれほど心が痛みません。

なぜなら、「お金払って損をした…!」と悔しがるほどの料金設定じゃないからです。

これが毎月支払うとなれば、姿勢も変わってきますが。

 

 

男性は¥5,000か…まぁ、これくらいだったらダメもとで参加してみてもいいかな…

ほぉ、男は¥8,000か…まぁ、豪華なホテルの1室だしハイスぺ限定だからこんなもんでしょ

 

 

カジュアルに参加しやすい空間と財布が痛まない絶妙な料金設定かつ、イベント感覚で楽しめるからこそ、交際成立・成婚しにくい要因の一つだと言えます。

 

 

理由その3:パーティー開催「前後」のサポートが一切ないから

個人的には、この理由が一番大きいと思ってます。

 

 

婚活にかぎらず、40代ともなると、今まで生きてきた価値観を変えたくないし否定されたくありません。

正しいと思っている振る舞いが女性からみればズレているのですが、指摘されると反発したり左から右へ受け流しがちです。

 

 

意を決して参加を決めた婚活パーティーにも、40代独身男性ならではの残念な特徴が見受けられるものです。

 

 

たとえばイケてると思っている服装が似合っていなかったり、投げかけた言葉が相手側からの印象を悪くしたり、デート前後のLINEチャットが的外れだったりと、女性から好感を抱かれない振る舞いを繰り返していることに気づいていない場合があります。

 

 

今までモテてこなかった40代独身男性にとって、ぶっつけ本番で婚活パーティーを繰り返しても、初デートにたどり着くことすら難しい現実があります。

 

たとえば、それは、以下のポイントを強く意識せずにパーティーを楽しんでいるだけだから ということが考えられます。

 

 

40代婚活男性が強く意識すべきこと
女性がツッコミたくなる・質問したくなるプロフィールの書き方
●女性の肯定感がアガる会話のキャッチボール
●緊張している女性の心をホッとさせやすいファーストコンタクト
●実は女性を不快にさせている口癖やあいづちの打ち方

 

 

 

婚活パーティーは、限られた数時間内に持てる力を振り絞って結果が伴わなければそれで終わりの単発イベントです。

 

 

成婚スピードを高めるためにやるべきこと
女性と会う前に不快感をもたれないための心がけを学び、
女性とデートを楽しんだ後には実践したことが間違っていなかったかどうかの意見をもらう

 

 

数々のカップルを成婚へと導きつづける婚活のプロのサポート体制が、残念ながら、婚活パーティーには全くないのです。

 

 

【実録体験】20対20の婚活パーティー(30代~40代限定)に参加してみた…!

さてさて、結婚相談所にて絶賛婚活中の私ですが、某コンビニのトイレ内に貼られていた婚活パーティーに惹かれたので、取材がてら楽しんできました。

 

 

ちなみに、婚活パーティーはこれで3回目です(笑)。

 

婚活パーティーに参加した理由ですか? 以下の2点ですね。

 

  • 結婚相談所のお見合いの流れに少しマンネリ感があった
  • 結婚相談所でのお見合い経験を武器に婚活パーティーに参加して「本気で」ミライの奥さんをつかみたかった

 

こんな感じです。

 

 

パーティーはホテルの最上階に近い大人雰囲気のレストランでした。

 

 

対象年齢は30代~40代限定のバレンタイン婚活パーティーで、男性20名女性20名で執り行われました。

 

 

パーティーの流れは以下になりました。

 

①プロフィール記入

②司会によるパーティーの流れ説明

③パーティー開始から着席しているテーブルで女性と食事

パーティー開始!
(女性一人とのおしゃべり5分間×20名を2回転)
※5分間の間に電話番号渡しても良し

⑤カードに意中の女性番号を記入

⑥マッチング結果発表&終了

 

 

 

結果ですか?

 

……

………

また、ダメでした(苦笑)。

 

結婚相談所での婚活もそうなんですが、こちら側が手応えを感じれた女性ほど、「相手はそれほどあなたを思っていない」ものです。

 

まとめ

 

女性とのお付き合い経験があったり元既婚者(バツイチ)なら、今回述べた理由も「そんなの関係ねぇ!!」と蹴散らして、婚活パーティーでも初デートやお付き合い成立までに至れることでしょう。

 

 

なぜなら、女性がどんな一言で不快を感じ・どんな振る舞いなら安心してくれて・どのように誘えばOKを得られやすいかを、過去の経験(失敗)から学んでいるからです。

 

 

私を含め、結婚を意識していながらいまだ独身未婚の40代男性は、はっきり言って経験がなさすぎるんですね。

きれいな女性・かわいい女性・自分の波長に合いそうな女性にしか声をかけず、せっかく関心を寄せてくれた女性のことを切り捨てがち(苦笑)。

 

 

女性への相互理解や経験値が少ない40代独身男性が、「たくさんの女性とふれあえて料金もリーズナブルだから」という理由で婚活パーティーに参加するのは、せめて3回未満にしておきましょう。

 

成婚確率を1%でも高めるには、数多くの成婚者を導いてきた婚活のプロのサポートとノウハウを活用することです。

 

 

結婚相談所歴1年弱の私が痛感している〝現実と答え〟です。

婚活の考え方
ハタナケをフォローする
サイト運営者
この記事を書いた人
ハタナケ

結婚相談所やアプリで絶賛婚活中の40代未婚ブログの運営者です。

人生折り返しの40代からでも成婚できることを証明するために、情報発信中です。

独身にモヤモヤを感じている40代男性が、ブログを読んで「はじめの一歩」を踏み出してくれたらとても嬉しいです。

1年前から始めた趣味ゴルフで婚活疲れを飛ばしながら「飛ばす300Y・スコア100切り」を目標に毎日楽しんでます♪

ハタナケをフォローする
ポチっとクリックお願いします!!
アラフォー未婚男の婚活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました