【体験談3】仮交際から本交際に進みたい男性 本交際に不安な女性(デート3回目)

婚活デート

 

なんちゃら宣言を何度も繰り返し、マンボウ宣言がどーたらこーたらで庶民の危機感が薄れていても、外出自粛の空気が続いていることには変わりありません。

 

飲食店営業終了時間が20:00であるため、18:00過ぎからのお早め生ビールを頂いてサクッと帰りましょう的な居酒屋デートに、仮交際中の女性を誘いました。

 

デートアポ取りのLINEチャットも実に軽快…だったんですが、ここで衝撃的事実が発覚したんです。

 

わたしお酒弱くて、ノンアルで行きますねー

ウップス!
確か、お見合い時に確認したプロフィールには、レモンサワーを嗜むたしな的な記載があったはずだが、私の記憶違いか。。。

 

 

まぁ、居酒屋デートの本質は「お酒に吞まれない/人格が変わらない女性」であることを確認したかっただけなので、次の機会でいいかなと気持ちを切り替えました。

 

ちなみに私が酒でイキがっていたのは20代までで、30代はペース配分をあやまって動悸息切れしたり口説く前に潰れているくらいの、大人に絡まない人畜無害の40代おじさんです(笑)。
そうだと自覚してますが…

束縛された過去…?なかなか素性を明かしてくれない仮交際女性

2回目デートの時だったか今回の居酒屋デートの時だったか記憶は定かではないですが、会話の流れで

実は束縛された過去があって、それで(慎重になっているのよね)

そんなセリフをボソッと言われたからドキッとしたんですよ。

そこから掘り下げるように問うのも失礼に当たるかなと思って、躊躇ちゅうちょしたんですね。

 

ここらへん、コミュ力高いモテ男なら傾聴の姿勢をかもし出しながら聞けるんでしょうけど、非モテおじさんには難易度高くて。。。

 

そんなこともありながら、居酒屋での会話は楽しく、私の生ビール消費速度もぐんぐん加速しました(笑)。

お相手女性の趣味であるマリンスポーツの話題や仕事先の苦労話も聞けたりして、これから会話がぐーっと盛り上がっていこうとした時に、

 

すいません、営業終了まであと10分です…

申し訳ありませんが、お勘定をそろそろ……

OH my goodness!!

 

つくづく、国がコロナ禍蔓延防止という大義をかかげて営業時間短縮を要請(強制)するやり方に、腹立たしく思うのです。

 

とはいえ、従うしかないので、居酒屋デートも早々にお開きとなったわけですが、

アカン、このまま「今日も楽しかったねアハハ」で終わらせたら…

 

そんな胸中を抱きましたので、ほろ酔い気分を武器に、こう切り出しました。

 

そろそろ、お互いの結婚観について話し合っていきたいと思ってますので、次回もよろしくお願いします

 

心臓バクバクしながらも、ゆっくりとした口調でなんとか気持ちを伝えることができました。

 

お相手女性の返事は

はい、よろしくお願いします。

 

3回目デートを重ねてきて思うのは、「案外、女性の方からは結婚観について聞いてこないもんなんだな」ということ。

 

仮交際から本交際に進んだ女性のときもそうでしたね。

まぁ、ここら辺のプライベート事情や結婚相談所入会の背景にある婚活男女それぞれの歴史は、赤の他人へそう簡単に話せるものではないですし。

 

繊細な心を持ちつつ、安定/安心な暮らしを本能で求めている女性に配慮しながら、時間(デート)を重ねて閉ざしているココロの扉を開けていくしかないと思っています。

 

とはいえ、時間をかければ意中の女性は本交際を認めてくれるかというと、そうでもないんですけどね(苦笑)。

 

婚活デート
ハタナケをフォローする
サイト運営者
この記事を書いた人
ハタナケ

運営者自身が結婚相談所で婚活中の40代未婚独身モテない男性。アトピーが酷いころは太陽の光を見るのがツラくてカーテン閉めてた元・引きこもり野郎(笑)。
コンプレックスの薄毛と実践中のオンライン英会話専門のハタナケドットコムも同時運営中。
どちらかというと低スペック。人生折り返しの40代でも成婚できることを証明するために情報発信中。1記事入魂のために記事更新おくれることが悩み。
妄想とコーヒーとスカイダイビング(未体験)大好きな普通の40代おじさん

ハタナケをフォローする
ポチっとクリックお願いします!!
40s未婚男の婚活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました