【婚活初心者向け】結果の出ない婚活で疲れない為に決めておくべき最低条件とは

婚活の考え方

 

婚活アプリ・街コン・婚活パーティーなどの結婚を前提とした場所で活動していると、必ずと言っていいほど、焦りと不安が襲ってきます。

 

そのなかでも、結婚相談所での婚活は、のど元に厳しい現実を突き付けられる連続だったりするんですよね。

 

【この記事で知ってほしいこと】
これから結婚相談所で婚活をスタートする40代男性は、活動期間をまずは1年頑張るべしゴールを決めることで過剰なストレスに悩まされずにすむから。
その理由を、成婚データと私の経験も交えながらお伝えしていきます。

そもそも、結婚相談所の契約期間は1年ごとの更新制になっている

おおよそ、どの結婚相談所でも入会前に、活動ルールが記載された契約書を交わすことになります。

 

軽いノリとお手軽料金で参加できる婚活パーティーとは違い、結婚を強く意識した真剣な男女だけが集まる場所で書面契約を交わすことで、覚悟が生まれるんですよね。

 

あ、ほんとに契約しちゃった。しっかり婚活頑張らないとな。

 

契約期間が1年間で設定されているのは、運営側の資金確保という側面もあるでしょうが、最低でも12か月間活動してもらわないとお見合い成立→仮交際→本交際に結びつきづらいからです。

 

ハタナケ的考察:結婚相談所契約期間1年のワケ

例えばまったく女性とお付き合い経験のない40代男性には、お相手女性からの好感度アップを引き寄せる服装選びや不快感を与えない話し方などを、仲人/カウンセラーから学ぶ必要があります。

 

その指導がきちんと婚活で活かされているのかどうかの判断は、一定期間在籍してもらわないと分かりません。

 

また、2020年度IBJ(日本結婚相談所連盟)成婚白書データを紐解けば、40代男性のお見合いマッチング数が月平均1.5件なので、契約通り1年間在籍してもらわなければ、18名以上の女性とお見合いできないんです。

 

3ヵ月経ってもまだお見合いできない…。お金もったいないし、辞めようかな……

このような考えはおすすめしません。

1回でも多く出会う機会を逃さないよう、自分磨きをしながらチャンスをつかみに行く積極的待機が婚活にはとても大事です。

 

 

ちなみに、契約は退会の申し出がなければ自動更新となる場合が多いです。

 

婚活カウンセラー/仲人の対応が悪かった、入会前に聞いていた条件とあまりにも違うなどのトラブルでどうしても抜けたい場合には、お早めの退会意思を示さなければなりませんね。
※契約満了前の退会は違約金が発生しますので、しっかり確認しましょう。

 

40代男性が成婚に至るまでの結婚相談所/在籍平均期間は1年半だから

国内最大級の結婚相談所ネットワーク・IBJ日本結婚相談所連盟が公表した、2020年度版:成婚白書データによると、40代男性が成婚するまでに結婚相談所に在籍している平均が1年半だとわかります。

画像の青枠内データを抜き出してみました。

年齢層別の成婚者像(全国 男性)
40~44歳 在籍期間:平均553日
45~49歳 在籍期間:平均661日 

 

 

  • お見合いがなかなか成立しないから…
  • 好みの女性に巡り合えないから…
  • イケると思っていた仮交際中の女性に突然フラれたから…

これらの理由は婚活男性にとってしんどいものですが、だからといって、1年も経たないうちに辞めてしまうのはもったいないことです。

 

お相手女性も同じような状況を味わっていますし、5年在籍して幸せな成婚を手に入れた男性もいますから。

 

極論を言えば、フラれることが前提なんですよ、婚活って。

それを踏まえたうえで婚活するのと、お金を払っているんだから成婚させるのが当たり前という婚活とでは、真逆の結果をもたらします。

 

まずは1年間、契約満了まであせらず・あきらめずに歩み続けることがとても大事です。

 

結婚相談所での婚活はどんな時に苦しくなるのか

婚活のリアルをお伝えします。

これまでの婚活を振り返ると、以下のような場合にしんどくなりましたね。

お見合い中に趣味の話や好きなことで盛り上がっていたのに、連絡先交換に至らない
●楽しそうに笑顔で語り合っていたのに、NOの返事を突きつけられる
●お相手女性への希望条件をゆるめても、お見合いがなかなか成立しない

 

たとえば、

男性側が手応えを感じていても、お相手女性側は〝好意に見える対応〟をさりげなく振舞います。

 

じつは、好意に見えるというのは男性側の早とちりで、女性は男性を傷つけない為の優しさで笑顔をふるまったり楽しそうにリアクションしてくれてるんですよね。

心の声

うーん、私の話全然聞いてくれないし、聞こうともしないよなぁこの男性……

 

 

へー、そうなんですね!わたしも同じですよ~!!

気遣いの声
このような男性と女性のギャップ心理は、婚活あるあるです。

 

だからこそ、表面の振る舞いにとらわれすぎないように淡々と婚活をするべきなんですね。

 

なぜOKの返事をもらえなかったのか?という考察も大事ですが、考えすぎずに次の出逢いに向けて気持ちを切り替えて、フラれた経験すらも活かす姿勢がマッチング率を高めてくれるのです。

 

結婚相談所での婚活で楽しみながら成長できたこと

婚活では断られるのが前提だと言いましたが、マイナスなことばかりじゃありません。

 

結婚相談所で1年半婚活すると、いろんな環境でそれぞれの人生を歩んできた素適な女性たちがいるんだなぁと勉強になるわけでして。

 

■こちらが語り掛けなければ、いっさい喋らないキレイな女性
■ラジオ大好きリスナーで字がエグいほど達筆で、愛嬌あふれる女性
■年収900万で格闘技バリバリで50代にみえないキュートな女性
一番目の女性は本当に喋ってくれなかったので、「何しにここに来たんだろう…?」と複雑な気持ちになりましたが、いろんな女性とお話しするなかでコミュニケーション力が鍛えられたのも事実です。
女性の目をみて喋ること自体が、あんなに辛かったのにね(苦笑)。

 

私を含めた40代未婚独身で結婚希望している男性は、これまでに振舞ってきた女性への言動・価値観を改めなければならないチャンスを結婚相談所でもらっていると考えたほうが得です。

 

ええ、こちらがお金(入会金/月会費その他)を支払っている側なのに…です。

 

まとめ

 

結婚できる完全保証がないサービスにお金を払うこと自体が、バカバカしいと思う40代男性もいることでしょう。

20代30代に比べれば成婚率が低くなる現実を知っていてなお、他人のおせっかいを受けてまで結婚したくない40代男性は少なからずいるでしょう。

 

自分自身で結婚相手を見つけられない人たちが集まる場所のイメージがぬぐえない、だから、どうも気乗りしない40代未婚男性はけっこう多いですよね。

 

しかし、これらのイメージは、入会したことで覆されるはずです。

 

現に、私の同年代友人は私が婚活に取り組む姿を見て入会したあと、「薄暗い部屋で仲人のおばさんが五月蠅く関わってきてお金だけをぼったくる場所」のイメージが間違っていたと驚いていました(笑)。

 

彼は何度もフラれながら、〝幸せな未来へ向かうためにパートナーがそばにいて欲しい〟という気持ちに気づいて結婚相談所で婚活をがんばっています。在籍から6か月を過ぎようとしていますね。

 

  • 他人のおせっかいを借りずに、もう少しだけ自分で頑張ってみる…
  • まわりに入会していることがバレると冷やかされそう…

 

そんな決め込みは、もう、止めましょう。

入会して実際に活動しなければ、結婚相談所の価値は分からないのです。

 

情報は、取り入れて自分のフィルターを通すからこそ、有益/無益の判断ができます。

 

まずは1年間、結婚相談所で婚活してみたあとの気持ちを再確認してみてはいかがでしょうか。

1年続けたあと、それでも疲れたりやる気が起きないのなら、無理することはありません。いったん活動を休止したり、退会されて心を落ち着けた方がいいでしょうね。

 

行動したからこそ、景色(成婚)は見えてくるのですから。

貴方に合う結婚相談所が見つかる比較サイトはこちら
OL871人が選んだ結婚相談所
婚活支援金¥30,000ゲットは毎月先着10名まで! 
婚活の考え方
ハタナケをフォローする
サイト運営者
この記事を書いた人
ハタナケ

運営者自身が結婚相談所で婚活中の40代未婚独身モテない男性。アトピーが酷いころは太陽の光を見るのがツラくてカーテン閉めてた元・引きこもり野郎(笑)。
コンプレックスの薄毛と実践中のオンライン英会話専門のハタナケドットコムも同時運営中。
どちらかというと低スペック。人生折り返しの40代でも成婚できることを証明するために情報発信中。1記事入魂のために記事更新おくれることが悩み。
妄想とコーヒーとスカイダイビング(未体験)大好きな普通の40代おじさん

ハタナケをフォローする
ポチっとクリックお願いします!!
40s未婚男の婚活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました