忖度なしレビュー|婚活アプリ ブライダルネット6ヵ月体験&退会しました

アプリ/パーティー

この記事を書いている翌日に、婚活アプリブライダルネットの6ヵ月プランが満了を迎えます。

結論から言うと、数回チャットを交わしただけで、一度もデートが成立することなく退会しました……。

結婚相談所以外でも出逢いの幅を広げるためと婚活アプリの実態を確かめるためにブライダルネットに入会したのですが、デート不成立でも大きな収穫がありました。

それは、人口500万人以上の都心部で婚活した方がマッチングの確率を増やせますし、プロフィール・日記・コミュニティを充実させられる発信スキルと性格のマメさが、デートを引き寄せる最低条件だということです。

年収や外見や実家暮らしうんぬんはさておき…ね。

 

婚活アプリの出逢いで幸せな結婚生活を送っている方がいるのも事実ですが、正直なところ、40代未婚だと婚活アプリ単独では勝ち目は薄いです。

ですが、婚活アプリをやらない後悔より、試して納得された方がいいとも断言できます。

これからその理由を、実体験レポートも交えてお伝えしていきます。

 

非モテ40代未婚男性がブライダルネットでデート出来なかった理由

 

主観になりますが、下記の理由が考えられます。

地元の女性会員が少なかった

総人口150万人以下の地域でブライダルネット婚活を頑張ってみたのですが、対象となる女性会員が40名ほどだったんですね。

コロナ禍の影響で婚活アプリがさらに活発化、新規入会/マッチング退会により会員の増減が流動的です

ブライダルネットには「さがす」の検索機能で年齢・住まい・年収・身長などの条件絞り込みをかけられるので、地元の会員数が3秒ではじき出せます。

よほどの事情がない限り、わざわざ遠距離婚活を育もうとする方はいないですよね。それゆえ、地元(近く)に住んでいる会員数が成婚を左右しますが、まぁ少なかった。。

こちらの記事の見出し6をご覧いただければ、福岡・関西・関東・北海道エリアでの女性会員数の多さゆえに、アプリでの婚活が有利に働くことが分かるはずです。

 

コツコツ日記投稿できなかった

ブライダルネットには人柄を伝えるための「日記投稿」が備わっており、Twitterのような手軽さでつぶやくことが出来ます。

入会後3か月間は仕事やプライベートの合間に趣味や食事や婚活に関する内容を10回投稿していたのですが、女性からのいいね反応が少ないことに加え(笑)、経営の仕事に追われて次第にフェードアウトする始末。。。

会うまでは仮想現実の空間で婚活するアプリだからこそ、安心や優しさや頼りがいを伝えられるコツコツ日記投稿が大事なんですよね。

婚シェルを積極的に活用できなかった

婚シェルとは、マッチングからデート成立へ導くために女性目線のアドバイスをしてくれる専任カウンセラーです

ブライダルネットでは、入会と同時に担当の婚シェルが付いてくれるんですね。

いまさらの愚痴ですが、日記投稿に関して「なぜ、女性から反応が少なかったのか?」という相談を婚シェルにしなかったのか…その後悔にさいなまれています(苦笑)。

日記以外にも人となりを伝える「コミュニティ」機能が多彩で、例えばサザンオールスターズ好きが集まるコミュニティ内の女性にコメント付きで送信できます。

ですが、女性からの反応はゼロ。。この結果を婚シェルに相談して戦略的に婚活していたら、私もデートできていたかもしれません。

なぜ婚活アプリが40代未婚男性にとって不利なのか

ずばり、婚活アプリのサポート体制が、オンラインのテキストチャットのみだからですね。

デートに行く服装はこれでいいかな… なぜLINEの返事が遅いんだろう……仮交際から本交際の申し込みってデート何回目のほうがいいの…??

 

40代まで女性とのお付き合い経験が少ない/10年以上女性と付き合っていない男性なら、このような疑問や不安は当然湧いてくるものです。

疑問/不安を言語化することに慣れていない・メールよりも電話がいい・電話よりもカウンセラーの顔を見て直接話したい…などの男性にとっては、婚活アプリのサポート体制に物足りなさを感じることでしょう。

 

アプリよりも結婚相談所での婚活費用が高い理由は、人肌を感じるおせっかい仲人やカウンセラーのぬくもりサポートがあるからなんですね。

婚活アプリをブライダルネットにした決め手は?

東証一部上場企業の安心感/安定感に惹かれて

●全国3,039社の結婚相談所が加盟の日本結婚相談所連盟は、東証1部上場のIBJが運営しており、婚活アプリも手掛けているから

結婚相談所を運営している経営者なら絶対に知っている、IBJ運営の婚活アプリ・ブライダルネットという安心感と、男女同額の有料プランというところが決め手でしたね。

 

大手企業ですら倒産する昨今ですが、東証1部に上場してブライダルサービスを充実させてきた実績は、個人経営の婚活サービスよりも圧倒的な安心と信頼があります。

男女同額の有料プランだったから

有料設定でも女性を惹きつける婚活アプリブライダルネット

婚活パーティーや合コンでは女性の参加料金は無料か男性の半額以下が相場と決まっています(笑)。

有料のハードルを設けることで「お金を払うからには真剣に婚活しなきゃ」という意識が女性側にも生まれますし、男性側としても平等に扱われている認識になります。

まあ、生半可な気持ちで婚活する女性は基本的にいませんが、男女同額プランが居心地の良い女性を引き寄せてくれそうな幻想を抱かせたのは間違いありません(苦笑)。

 

女性婚シェルのノウハウと助言があるから

未婚男性のコミュニケーション力を鍛えてくれる婚シェルの存在

40代未婚男性が成婚するまでに誰一人のサポートもなく自分自身のチカラで切り拓けて行けるはずがありません。それが出来ていたら、今頃、旦那様のはずですからね(笑)。

同年代の既婚者のアドバイスもあてにならないことがあります。なぜなら、彼らは結婚を前提とした交際からスタートしていませんし、40代から婚活を始める非モテの気持ちが理解できていないからです。

モテる人すべてが結婚していませんけれども。。

女性への食事の誘い方やLINE/電話の連絡頻度、好感と関心を引き寄せるプロフィール作成のやり方などを婚シェルが女性目線で助言してくれるから…そんな所もブライダルネットを選ぶきっかけでした。

 

婚活期間が長いほど月当たりの料金がオトクだから

月/¥4,000以下でいつでもどこでも婚活できるコスパ力がブライダルネット

画像引用元:ブライダルネット公式サイトより

画像が示す通り、婚活期間が長いほど月当たりの料金が格安(オトク)ですもちろん一括前払いが大前提ですね。ちなみに私は6ヵ月プランを選びました。

アプリに1万円以上課金するのは気が引けるし、まずは1ヵ月プランから感触を確かめたいしなぁ、、、

こういう考えも一理ありますが、1ヵ月程度では女性に選ばれるためのプロフィール作成も充実させることができません。

何より、ブライダルネットの機能全体を理解してアプリ内でのPR発信に慣れるまでに少なめに見ても2週間はかかりますので、3ヵ月以上は在籍するべきなんですね。

私が選んだ6ヵ月プランなら月/¥2,600で婚活できますから、ここの料金をケチってしまっては出逢いはさらに遠のくばかりです、はい、間違いありません。

クーポン発行のタイミングを狙えば、さらにオトクに婚活アプリを活用できますので検討中の方は要チェックですね。

実際にブライダルネットでアプリ婚活してみたら…?

女性婚シェルが親身に相談に乗ってくれた

自分ではイケてると思っている写真やPR文章も、女性目線で見れば滑っていることが往々にしてあります(苦笑)。男性のイケてると女性のイケているは違っていますから。

プロフィールの出来映えが成婚を引き寄せるといっても過言ではないので、3日かけて作り上げたPR文章や写真を婚シェルにチェックしてもらいました。

 

 

 

数々の成婚者を導いてきた女性婚シェル目線のアドバイスには、男性が思いつかない独自の視点がありました。

私のプロフィール写真の事例でいえば、下記のアドバイスを頂けましたね。

●本人が映っているものは3枚まで
●趣味や旅行、習い事など自己紹介に絡めた写真がGood!
●人柄が伝わる写真を多く投稿すべし

海外在住の日本人女性にPRできた

ブライダルネットに加入して1ヵ月後に気づいたのですが、なんと、海外在住の日本人会員の情報が簡単に検索できるうえ、いいね/メッセージ送信も可能なんですね。

「さがす」→「条件設定」→「住まい」→『海外』で検索できます

例えば、仕事の関係で年に2回日本に出張するけど、6ヵ月後には退職して日本に帰る予定で婚活中の40代未婚女性もいるわけです。

万が一の可能性(デート成立)にかけて数名の女性会員にコンタクトを取りましたが、やはり惨敗。。。婚シェルと一緒に戦略を練ってアプローチすればよかったなと後悔しています(苦笑)

条件設定でお目当て女性をすぐに探せた

冒頭でも書きましたが、婚活アプリブライダルネットには「さがす→条件設定」機能があり、24項目からお目当ての女性を簡単に絞り込めます。

●年齢    ●住まい
●年収    ●身長
●結婚希望時期●本人証明書提出のみ
●婚姻歴   ●最終学歴
●証明書の提出(免許証など)
●休日    ●お酒
●喫煙    ●体型
●子供の有無 ●子供の希望
●出会い方  ●働き方
●職業    ●出身地
●血液型   ●兄弟姉妹
●同居人   ●将来の引っ越し
●自分の家族との同居
日頃からGoogle検索に慣れている我々ですが、全国/海外に点在する10万人以上の女性会員の中から数秒でしぼり込みが出来るブライダルネットの「さがす→条件設定」機能はマジで秀逸ですね。

 

アプリがなければ成しえないことなんですから。

婚シェルからの回答(レスポンス)が遅かった

これまでに3回ほどプロフィールへの助言を婚シェルに求めたのですが、回答が返ってくるまでに2日間待たされることもありました。

私自身、せっかちな性格なのは重々承知していますが(苦笑)、婚活中にぶつかる悩みや不安に対して1秒でも早く対策を示して欲しかったんですよね。

実際には1日以上経過しても回答がもらえないこともあったので、苛立ちや不安は正直ありました。

 

ですが、限られた婚シェルの人数で男女数万人規模の会員をサポートされているわけですから、こちらとしては忍耐強く返事を待つしかありません。

スピーディーな回答を求めたいなら、結婚相談所の仲人/カウンセラーがオススメです。

 

退会の手順が分かりづらかった

ブライダルネット6ヵ月プランの満了日を迎える3週間前に、退会手続きを済ませようと管理画面を見渡しても退会フォームがなかなか見つからない(苦笑)。

こちらの記事を読んで無事に退会を済ませることが出来ました。

参考までに退会ステップ手順をご覧ください。

①管理画面:右上の人型3本線アイコンをタップする
↓  ↓  ↓
②マイページをタップする
↓  ↓  ↓
③各種設定をタップする
↓  ↓  ↓
④お問合せをタップする
↓  ↓  ↓
見出し・よくある質問の「メンバーからの退会/アカウントからの削除」をタップする

以上の流れで退会申請が完了します。

おっと、退会手続きに関して絶対に知っておくべきポイントを記しておきますね。

↓  ↓  ↓

【退会】と【アカウント削除】の違い

■退会とは有料会員から無料会員に移行する状態で、アカウント情報は削除されていません。
※無料会員でもアプリ閲覧はできますが、女性の顔にモザイク処理されるほか、機能が制限されます
※無料会員は休会状態でもあるので、有料手続きを済ませればアプリ婚活を再開できます
■完全決別するなら、アカウント削除の手続きをしましょう。

まとめ

赤裸々に婚活アプリブライダルネットの総括レビューを書いてみましたが、6ヵ月在籍してデート成立にも至らなかったことをまったく後悔していません。

プロフィールを充実させるための戦略的視点や人柄を伝える日記/コミュニティ投稿の活用方法など、入会して本気で向き合ったからこそ反省点が生まれ、次の婚活に活かせる武器になるからです。

気が向いた時だけアプリで婚活すればいいという方には全くすすめませんが、女性とのコミュニケーション力を鍛えたい本気の40代未婚男性には自信をもってオススメします。

 

婚活は手数を打つことが大事です。

その機会としてぜひブライダルネットを検討してみてください。

IBJが運営する安心の婚活サイト『ブライダルネット』

アプリ/パーティー
みんなにシェアする
ハタナケをフォローする
サイト運営者
この記事を書いた人

結婚相談所で絶賛婚活中の40代前半・未婚のおじさんです。

晩婚年代の40代からでも成婚を証明するために実体験を情報発信中です。
30代から薄毛に悩んで発毛剤塗布中、最近体毛コンプレックスで医療脱毛を決意しました。

独身生活にモヤモヤしている40代男性がこのブログを読んで「はじめの一歩」を踏み出してくれたらとても嬉しいです。お気軽にコメントください。

ハタナケをフォローする
ポチっとクリックお願いします!!
非モテアラフォー未婚男の婚活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました