婚活のプロじゃない40代独身男性がそれでも結婚相談所をすすめる3つの理由

婚活の考え方

人生の折り返し年代と言われる40代でいまだ独身となると、「生涯孤独」というキーワードが脳裏をかすめるようになりました。

 

これまでの人生を振り返ってみると、気持ちを伝えれば付き合えたかもしれない後悔と、意を決して告白しても友達以上恋人未満どまりの関係性ばっかりで、モテない人生でした(苦笑)。

 

 

ただ、モテてこなかったけれど40代に突入して生涯寄り添えるパートナーがやっぱり欲しいと思いましたし、授かれるものなら子供が欲しいとも素直に思いました。

 

この記事でわかること
40代独身未婚男性にとって成婚スピードを高める場所は結婚相談所しかない

 

そのような強い気持ちがたしかに湧き上がってきたものですから、まずは出会いからということで、街コンに積極的に参加しました。

時には60㌔先の街コン開催場所まで車を走らせて、隣り合わせた可愛い30代女性とおしゃべり&お酒を楽しみ、運転代行¥12,000支払って翌日のライントークは既読スルーを食らうという経験もしました(笑)

 

 

そのような唇かみしめる切なき思い出を胸に秘めながらも、あんなにも否定的だった結婚相談所に登録を決めたわけは、それなりの理由があります。

 

モテなさ過ぎて・そのうちどうにかなるさと余裕こいて問題を先送りにしてきた私の心のよりどころは、結婚相談所この1択しかなかったんですね。

 

40代独身男性が本気の結婚をのぞむなら結婚相談所しかない理由

 

理由その1)忙しい40代男性は出会いの〝場所〟が激減しているから

部長や主任という役職を任されている40代ともなると、仕事の忙しさや作業に追われて、出会いたくてもその場所に行けない・開催日程との都合がつかないジレンマに陥ります。

 

とはいえ、日程が合わないからというのは理由になりません。

お見合いを申し込み、日程を先に決めて、それに合わせて仕事を調整しなければいつまでたっても出会えないままですから。

 

ただ、出会いの場に恵まれない理由の一つに、友人知人からの紹介が圧倒的に少なくなります。

 

20代30代のころは独身生活を謳歌するように勢いでナンパしたり、職場での飲み会や友人知人からの紹介…という形で出会いの場が数多くあるものです。

 

私自身、仲の良い先輩が毎月2回以上も合コンをセッティングしてくれた〝出会いのチャンス〟に恵まれた30代の懐かしき思い出があります。

ちなみにその先輩は、仕事で目標を達成したら結婚を申し込むといって見事に成婚しました、有言実行とはこのことですね。

 

 

話を戻して、

そんな出会いの場が何度もあったのに、きれいでかわいい女性・バツがついていない女性だけを狙っていた私は、関心を寄せてくれた女性とのコミュニケーションを避けていたんですね。

 

出会いの機会に不自由しないあの頃が「当たり前だった」だけに、今となってはものすごく後悔しています。

 

 

過去を振り返ってみればそれなりに出会いの場はあったものの、チャンスを活かせずに危機感をもたずに自由気ままな独身生活を送りつづけ、まわりは家庭を持ち子育てや仕事に忙しくなっていて、気づいたときには自分だけ独身……。

 

そんな現実に心当たりはないでしょうか。

 

自分自身が変わらなければ運命の出会いは引き寄せられない

昭和生まれの40代独身男女は、

■職場
■友人の紹介
■合コン/街コンなどのカジュアルな出会いの場
■街角で突然ぶつかってカバンやバッグを拾おうと手が触れあった瞬間から(笑)

こういった〝場〟で知り合うことが望ましいと思っていますし、それこそが健全みたいな刷り込みがあります。

 

 

女性ほどではないにせよ、男性にも、運命的な出会いを求めている深層心理はないでしょうか。

 

私の過去の経験からも断言できますが、40代男性は、今まで結婚できなかった現実と事実を受け止めなければなりません。
※もちろん、幸せな人生をおくるのに「結婚」が全てではありません

 

結婚願望があるにもかかわらず結婚できていないのなら、何らかの原因があるわけです。

 

それは身だしなみだったり言葉づかいであったり相手に対する敬意がなかったり、結婚後の生活に対する譲れないこだわりなどが言葉の端々に表れていて相手を遠ざけている場合があります。

 

もちろん、年収や外見や職業も結婚の決め手になる大切な要素ですが、今記事では触れません。
※3つの要素を満たして結婚しても幸せかどうかは分かりませんので

 

未婚男性はこだわりと頑固さをはき違えてはならない

 

私も含め、自分自身を正確に客観視できる人はほとんどいません。

 

40代にいたるまでに友人知人から耳に痛いことを指摘されなかったり、指摘されても見て見ぬふりで過ごし続けると、どうしたって出会いの数は少なくなります。

 

なぜなら、

あいつに紹介しても自分を変えようとしないからな…

自分を変えようとしない、いままでの頑固な生き方が印象づいているので、彼らからすれば世話してあげたいと思えないんですよね(苦笑)。

 

あわせて読みたい

 

 

理由その2)お金をかけないと結婚しづらい現実があるから

これも過去の私のことを指しています。

 

ぶっちゃけ、結婚相談所に入会してからの婚活ってお金がかかります。

登録・入会料金

月会費

お見合い代

成婚料金

 

だいたいこの4種類の料金が求められますね。

運営会社によっては成婚料なしだったり、月会費を安く抑えているかわりに成婚料が高めだったりします。

 

 

この料金負担が心に引っかかって、結婚相談所への入会に踏み切れなかった苦い思い出があります。

 

しかし、これまで出会いの場所(紹介・街コン・合コン)があったにも関わらずこの年齢まで結婚できなかったのですから、成婚のために一緒に歩んでくれる専門家のアドバイスと出会いの場を創ってもらうには、お金が絶対に必要なんですね。

 

 

極端な話、価値観も人生背景もそれぞれちがう他人同士の幸せを引き寄せるために、結婚相談所スタッフに身を削って(低賃金)でサポートしてくれ というのは酷すぎます。

 

私だったらどんなに踏ん張っても、3か月で辞表提出すると思います(苦笑)

 

理由その3)結婚相談所会員同士による40代男性の成婚率が高いから

日本結婚相談所連盟(IBJ)公式サイトの婚活会員ページより、見出し「年齢」からのデータによると、

39~44歳間の男性の成婚率が圧倒的に高いことが実績としてわかります。

2020年4月時点

 

日本結婚相談所連盟(by IBJ)公式サイト 婚活会員データ 見出し「年齢」より引用

 

私のような初婚の男性が結婚相談所を活用して生涯のパートナー探しに頑張っていることは〝珍しいことでも恥ずかしいことでもない〟んですね。

 

 

男女それぞれが成婚という共通目標をかかげて入会するわけですから、妙な探り合いや駆け引きなしに、婚活に貴重な時間を費やすことができます。

 

【街コン/合コン】→カジュアルで気軽な出会いを求める異性たちのおしゃべり場
【結婚相談所】→成婚を目的とした真剣な大人たちの出会いの場

 

 

入会金や月会費・成婚費など、それなりのお金を支払える大人男女が集まる場だからこそ、真剣に時間を過ごし・相手を見定め・覚悟を持った決断ができるのです。

 

結婚相談所で成婚したカップルは、恋愛結婚したカップルにくらべて離婚率が低いという言及もあるくらいです。

結婚相談所で結婚した人の離婚率が低いと言われる理由

 

私が入会している結婚相談所でも、たくさんの男女がそれぞれの想いを抱いて婚活を頑張っておられます。

 

令和の時代においても、結婚相談所での出会いを求める機会はますます高まっていくことでしょうね。

 

まとめ:婚活中40代男性が結婚相談所をおススメする理由

 

ファーストインプレッションで異性からの好印象を手に入れるためのプロフィール写真撮影も、撮影スキルと確かな機材を備えた結婚相談所のプロに任せる方が確実です。

 

幸せな結婚生活をのぞむ男女が出会うためのきっかけの場所づくりと情報提供(webサイトなど)、そして、婚活中 親身になって成婚へ向けてサポートしてくれる専門カウンセラー/仲人たちの寄り添いがあってこそ、生涯のパートナーに出逢えるわけです。

 

結婚相談所利用を負担と考えずに・恥ずかしいと思わずに、託してみる気持ちをもつことが大事なのではないでしょうか。

 

本気で結婚したいと思うのなら、ですが。

【厳選】これから婚活の40代男性におすすめしたい結婚相談所とポイント付き解説

婚活の考え方
ハタナケをフォローする
サイト運営者
この記事を書いた人
ハタナケ

運営者自身が結婚相談所で婚活中の40代未婚独身モテない男性。アトピーが酷いころは太陽の光を見るのがツラくてカーテン閉めてた元・引きこもり野郎(笑)。
コンプレックスの薄毛と実践中のオンライン英会話専門のハタナケドットコムも同時運営中。
どちらかというと低スペック。人生折り返しの40代でも成婚できることを証明するために情報発信中。1記事入魂のために記事更新おくれることが悩み。
妄想とコーヒーとスカイダイビング(未体験)大好きな普通の40代おじさん

ハタナケをフォローする
ポチっとクリックお願いします!!
40s未婚男の婚活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました