40代未婚男性が結婚するための出会い場と成婚へのマナーを知っておこう

結婚相談所で婚活

 

この記事でわかること
30代半ばから後半まで結婚を諦めていた未婚の40代独身男性が、本能で結婚したいと気づいて、そのために最適な場所選び・身だしなみを整えて・人格を磨き上げ続けて成婚ロードを歩んでいく軌跡

 

 

自由気ままな独身人生も、気がつけばあっというまに40年近くたってしまいました。

 

2019年末、急にですね、

あー、結婚したいなーーー

って気持ちが湧き上がってきたんですよ(笑)。

 

 

その気持ちにいたる直前まで、ナンパ・街コン・合コン・友人紹介などで女性と出会う機会は何度かあったにもかかわらず、チャンスをいっっっつも活かせなかったんですね。

 

 

そんなことが何度も何度もつづくと、

もういいや、もともと一人で過ごすの嫌いじゃないし。自分で稼いだお金でまわりに迷惑かけずにそこそこ楽しく生きていけばいいよな

おひとり様ワールドを悟ったかのように、女性との出逢いに対して消極的姿勢へと変わりました。

 

 

なのに、急に、結婚したくなる気持ちというか意欲が湧き上がってきたんですよね。

 

 

冷静になって自分の心に問いかけてみると、このような気持ちを確認することができました。

 

●自分の血を受け継いだ子供と過ごす空間ってどうなんだろう…?
●親が亡くなったあと一人で生きていくってどんな人生になるんだろう…?
●独身を貫く人生も勿論悪くない…でもお前は本当に納得しきれているの??

 

この歳まで結婚できなかったんだからこれから婚活しても変わらない と諦めるより、

やれることはすべてやり切ってそれでも結婚できなかったなぁ と明らめたいんですよね。

 

 

 

そこからの行動は早くて、40代独身男性が結婚を見据えた女性と出会うための場所や手段は何があるんだろう??

とリサーチして行動しました。

 

 

40代男性が結婚するための出会い場は街コン・紹介・婚活パーティー・マッチングアプリ・結婚相談所しかない

 

1秒でも早く結婚したいなら、男女の目的(結婚)が同じで、そのために企画や運営がなされている場所にアクセスするのが成婚への近道ですよね。

なぜなら、恋愛を楽しんでから結婚を考えるという時間の余裕が、40代男性にはないからです。

 

 

1.カジュアル雰囲気の街コン参加で婚活女性に申しこんでみる

数十名の男女が集う街コンにも参加したことがありますが、なんといっても気軽に参加できるのが魅力のひとつですよね。

 

近年は地域の商工会が主催となって、飲食店の活性化と男女の出会いをマッチングさせる目的で、街コンが開催されることもよくあります。

居酒屋やバーを渡り歩きながら、各店舗の逸品料理・美味しいお酒を楽しみつつ、どうしたって男女の会話は盛り上がります。

 

 

これまでの経験をもとに、街コン参加のメリット・デメリットを比較してみました。

 

街コン参加のメリット
◎カジュアルな服装で気軽に参加しやすい
◎女性側の料金がリーズナブルなので人数が増えて盛り上がりやすい
◎結婚は見据えつつも「まずはお友達から」という空気感でお互いに話しやすい
◎こだわりの趣味や職業別のテーマにそった企画で意気投合しやすい
◎友達同伴じゃなくても参加できる「おひとり様プラン」で安心できる
街コン参加のデメリット
●イベント開催前後のサポートがないため、本人の積極性や恋愛経験がないとキツい
●参加人数の多さから目移りしたり、より好みに時間を要して対象を絞りきれない
●カジュアルな参加料金ゆえに、結婚への覚悟が足りない男女があつまりやすい

 

サクサクっと参加できるがゆえに、男女ともに「今日はいまいち、次こそは理想の異性がくるかも…!!」という思考になりがちなんですよね。

 

とはいえ、

出会いの場に参加しないことには結婚もありえないので、課題と参加回数を決めて街コンに参加してみるのもアリだと思います。例えば、女性が気づいてほしいおしゃれ服装の1か所を褒めるとか、3回まで参加してみるとかです。

 

年間6000回以上の街コンを開催している街コンALICEなら、年齢別やアニメゲーム好きな男女に特化した企画も充実しているので、40代男性でも参加しやすいでしょう。

 

コロナウィルス感染対策をしっかり講じたうえでイベントが全国各地で行われているので、街コンならではのお気軽カジュアルがお気に入りなら、近くの都道府県開催イベントをぜひチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

1人参加限定だから気軽に参加できる街コンALICE

 

2.友人/知人からの紹介を期待してはダメ

 

紹介したい子がいるんだけど、まずは男3対女3で合コン組んでみる?

40代をむかえるまでに、このようなお誘いを1度や2度受けたことがあるはずです。

 

ただ、正直、40代に突入してからの友人からの紹介は期待できなくなります。

なぜなら、その友人がすでに結婚していて、子育てや仕事の忙しさに追われて〝紹介してあげたいけどそこまで手が回らない〟という状況だからです。

 

私の過去を振り返ってみれば、20代の頃は若さの勢いも手伝って友人と週末ナンパに明け暮れていましたし(笑)、30代前半から中盤までは先輩からの紹介で毎月2回以上は合コンしていましたがその後音沙汰なく…

 

職業問わず40代になってからの紹介は、友人知人が既婚者であるため彼らも日々の生活に忙しく、独身時代のような外出自由度がないので、期待できないことがわかります。

 

というか、いつまで友達頼みで女性と知り合おうとしているんだって話ですけど(苦笑)。

 

3.40代からの婚活パーティーは可能性が薄い?

結婚相談所への入会前に、婚活パーティーへ3回ほど参加したことがあります。

 

約10~30名規模の各男女が軽食を楽しみつつ、パーティーならではのオープン空間で楽しくおしゃべりしあうものですね。

 

国家公務員や医療関係などの職業安定系の人と出会うためのパーティや、趣味やスポーツ大好きな人たちに特化したパーティーなど、出逢いたい対象者のミスマッチをなくす企画内容に富んでいるのが特徴です。

 

 

婚活パーティーの目的が「出会いの場とチャンスを用意するので気軽に使ってね」というものです。

未婚の男性に比べて失恋や恋愛経験をそれなりにしてきた男性なら、勘所をおさえた女性へのアプローチができて成婚につなげられると思います。

 

 

ですが、街コンと同様に、ぶっつけ本番でパーティーにのぞんだあとのフォローや相談窓口がないことから、婚活中にいだく不安や疑問を解消しきれないところがデメリットでしょうか。

 

婚活パーティーをもっと気軽に がキャッチコピーのOTOCONなら、男性¥3,500女性¥500という破格の料金設定で、全国各地で婚活パーティーを定期的に開催しています。

男女のバランス率も徹底しているのが魅力の一つですので、真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪を一度はのぞいてみてはどうでしょうか。

 

 

令和の婚活はマッチングアプリも積極的に活用したい

出会いの数や接点を増やさなければ、最良のパートナーと出逢えるわけがないことが2019年度版IBJ成婚白書データからも立証されています。

 

お見合い成立率が平均10%ですから、10回申し込んでOKもらえるのが1回。

 

ということは、申し込み回数を10回、30回、50回と増やしていくことでお見合いできるチャンスが増えて、女性とのコミュニケーションを深められる機会に恵まれるわけなんですね。

 

2020年12月、埼玉県が導入しているAI婚活が成婚率を高めているとのニュースが全国的に話題となりました。

SAITAMA出会いサポートセンター|恋たま(こいたま)

 

なぜ話題になったかといえば、AI(人工知能)ならではの統計データ活用によって、人間の感性なら遠ざけてしまう出会いを提供してくれるからなんです。

自分のタイプ(こだわり)が、じつは、結婚相手を遠ざけている可能性があることをAI(人工知能)が知らせてくれるからなんですよね。

 

こいたまに限らず、店舗に赴かなくてもスマホ画面を通じて婚活ができるようになりました。婚活アプリも多種多様ですよね。

魅力は何といっても

  • 婚活費用の安さ(※入会金なし成婚費用負担なし)
  • 外出しなくても自宅にいながら婚活できる
  • アプリ活用で気軽に接点回数を増やせる

ことですね。
※は全てのマッチングアプリに適用されるわけではありません

 

 

お金にある程度余裕があり、女性との接点回数を増やすことを目的に、街コン・結婚相談所と同時並行できる意欲があるなら、マッチングアプリはおススメ婚活の一つです。

 

3か月以内に出会いがなければ全額返金保証を約束するnaco-doなら、値段が高くて人目が気になる結婚相談所での婚活に一歩踏み出せない方にも、大きな助けとなってくれるでしょう。

 

モテなかった40代独身男性が成婚率をアゲるには結婚相談所での婚活しかなかった

冒頭でも述べましたが、街コン・友人紹介・婚活パーティー・合コンをやりつくしてもなお、結婚には至れない現実があるわけです。

 

あらためて、なぜ、急に結婚したくなったのかを振り返ってみると、仕事で出会う児童と、友人宅に招かれて子供たちとのふれあい時間と、外出先で幸せそうに過ごしている家族の風景が積み重なって「あぁ、結婚したいな」と思ったんですよね(苦笑)。

 

 

本能的に子供が欲しいと思ったんです。

本能でパートナーが欲しいと思ったんです。

家庭を持つって大変だろうけど家庭に憧れを抱いたんですよ。

 

 

 

結婚熱があふれ出てしまったからには結果につなげるための活動をしなければならない、それじゃあ料金的にも心理的にも参加しやすい街コンから始めてみようということで婚活をスタートしました。

40代独身男性が街コンの失敗から結婚相談所に戦場を変えたシンプルな理由

 

 

入会前に相談所店舗でプロフ掲載用の写真撮影を行い、

年収・身長体重・職業・趣味・結婚歴有無などの情報を埋めていき、

お見合い相手への希望条件を用紙に書き込んでいくうちに静かなる結婚熱が湧き上がってきたんです。

 

特に、【女性に伝えたいあなたの性格や結婚観について自由にご記入ください】と問われる項目は、自身が描く女性像をあらわにされる気がして少し恥ずかしくなります(笑)。

 

 

そんな経緯を経て結婚相談所での婚活をスタートさせたら、ビギナーズラックも手伝って婚活2回目で女性とお付き合いがスタートできました。

 

残念な結果になりましたけれども、女性がどんなところに不安を抱いて喜びを感じるのか ツラい思いをして学べたので、成婚に向けてコツコツ歩み続けるしかありませんね。

 

40代男性が勘違いしている結婚観へのこだわり

40代ともなると、これまでの仕事やプライベートに費やした時間の価値観が、「生き方のこだわり」となってその人の言動や性格を形作っています。

 

それと同時に、物事を見る視点や自分の判断が間違っているはずがない というこだわりも無意識のうちに強くなっているんですよね。

分かりやすく言えば、〝我が強い〟ってやつです(笑)。

 

 

人生80年として、折り返し地点にきている40代男性は、これまでに決断してきたすべての物事が正しかったと思いたいし、これから決断していくこともそうであろうと無意識に考えています。

同年代の独身男性の結婚観について、大きな偏見を感じることがあります。

 

例えば、ココロの奥底では結婚への願望があるのに、結婚相談所のお世話になることが…

独身未婚男性の思い込み
●結婚相談所での婚活が、どこか恥ずかしい
●自分自身のチカラで彼女をつくれるから必要ない
●会員からぼったくり続けている悪どい場所

と決めつけている人が多いのも特徴の一つです。

 

 

その昔、恋愛経験がとぼしい男女が結婚を見据えたとき〝最後の駆け込み寺〟が結婚相談所 という昭和的価値観が存在していました。

数十年前、結婚とは、恋愛経験から同棲生活を経たあとに「これから先も二人は同じ屋根の下で暮らしていける」約束のあとに成り立っていました。

昭和の偏見ポイント
■結婚は恋愛を経てから
■結婚は男女同士でなければ認めない(LGBTQ否定観)
■40代まで独身だったらクセ強男性認定、結婚はまず無理

時代は変わっています。

そのような価値観はハッキリ言って古いです。

 

令和時代の婚活は、街コン・婚活パーティー・マッチングアプリ・AI婚活・結婚相談所などあらゆるシステムを総活用して、〝自分に合った婚活〟を見つけることこそ成婚への近道となる最適な手段なのです。

 

自分の偏見をいったん認めたうえで、一つずつアップデート(更新)していけば、40代男性でも結婚はけっして不可能なことじゃないと思ってます。

 

 

40代男性が結婚したいと思うなら成婚データチェックと婚活改革がワンセット

曲がりなりにも小さな会社を経営している私ですから、活動した結果を数値化してつぎの活動に役立てることの重大さを認識しているつもりです。

 

ビジネスも婚活も、うまくいっている活動・うまくいっていない活動の結果を数字で客観的に把握して、自分の活動に置き換える思考のクセをつけなければ目標にはたどり着けないんですよね。

 

婚活のひとまずの目標は、成婚に至ることです。

 

例えば、40代男性が成婚しやすい女性との年齢差は5歳であることが2019年度版IBJ成婚白書データではじき出されていることが分かります。

 

この事実を知らないで

 

やっぱり子供は欲しいから、若い女性の方がいいでしょ

 

などと決めつけて女性への対象年齢を25歳から34歳までに限定していると、婚活に注いでいる時間と費用がもったいないことになります。

 

もちろん、45歳の男性が25歳の女性をゲットする現実はあります。しかし、そういった男性は年収が700万以上とか既婚歴があって大人の余裕を備えているバツイチとかイケメン高身長が関の山です。

ナイナイの岡村隆史さん(50歳)が20歳年下の一般女性と結婚できた理由のひとつに、「圧倒的高収入(年収〇億?)」があるからですよね。

 

 

一般男性50歳が20歳下の女性と結婚するなんてことは、老眼のまま縫い針の穴に糸を通そうとするくらい可能性として厳しすぎます。

 

 

40代男性が25歳の若い女性と結婚したい気持ちは心の奥底にしまって、現実的な成婚実績をデータから学んで婚活に活かすべきだと考えます。

 

 

そんな成婚データには、女性が男性に求める清潔感との関連性が記されており、けっして見過ごすことができません。

 

 

婚活で最低限のマナーは〝清潔感〟である

不潔な男性が好きという女性は見たことも聞いたこともありません。

それなら、清潔な男性が好き かというと表面的にはそう言うはずですが、女性の本心としては

 

それって最低限のマナーなんじゃないの??

 

そこに気を使わない男性ってスタートライン(お付き合い候補)にも立ってないんだけど

 

というものでしょう。

 

 

清潔感とはいったい何ぞや?

あらためて視ると漠然とした言葉ですが、40代婚活男性にあてはめるなら、以下のような特徴を備えていなければならないでしょう。

 

40代男性の清潔感と身だしなみ論

《体型/服装》
【頭】薄毛なら発毛剤 イケメン以外は白髪NG 短髪で毛量多いならすく
【顔】眉毛 鼻毛 耳毛 髭が飛び出しすぎない 乾燥肌には潤いを 脂性肌にはフェイスシート
【上半身】指先よりも短い爪 胸板より出ないお腹 肩幅にあったシャツ
【下半身】プリ尻 パンツの裾がくるぶし下 白基調のスニーカー

 

40代ともなると新陳代謝はかなり鈍るので、筋トレorジョギングorスポーツをしなければ、お腹はデブり・階段昇降はゼェゼェ息を切らし・胸板は薄く股下とお尻がデカくなっていく「THE.おっさん体型」になってしまいます。

 

ちなみに私は同年代の友人知人よりも10歳老け顔なので、体型だけでもカッコつけとかないと、成婚率ゼロ確定だと思っているので筋トレジョギングは止められません(笑)。

 

 

40代男性の体臭(ミドル脂臭/口臭/ワキガ)こそ婚活女性の敵 ニオイ対策は万全に

30代中盤から40代中盤にかけて、運動不足と不規則な食生活とストレスによってジアセチル成分の分泌が多くなります。

 

…汗を作りだす汗腺の働きが低下すると、汗のなかに乳酸が分泌されやすくなります。そして、皮膚常在菌によって乳酸が分解されると「ジアセチル」という不快なニオイ成分を排出します

引用元:五味クリニック院長/五味常明 『気になる体臭…「加齢臭」「ミドル脂臭」ってどんなニオイ??』

※引用元から一部抜粋して編集しています

 

酷なようですが、自分はいつも不快なニオイを周囲に放っているんだ…! という心構えで仕事やプライベートや婚活に臨むべきです。

においケアすれば憂いなしなんですよ。

 

 

口臭のケアも忘れてはなりませんよね。

歯医者に1年以上も虫歯チェック&歯のクリーニングに行っていないとか、コーヒー/煙草大好きな40代男性の口臭は、はっきり言って公害でしょう。

コロナ禍によるマスク着用でニオイが漏れ出ていないと思ったら大間違いです。

 

 

助手席に座ったマスク着用の同年代とおしゃべりしたことがありますが、

はっきり言って臭かったです……。

 

 

結婚相談所でのお見合い5分前に私が愛用しているブレスケアは、ニンニク臭いを抑えるだけあってコスパ最強の口臭抑制グッズです。

【まとめ買い】ブレスケア 水で飲む息清涼カプセル 詰め替え用 ストロングミント 100粒×2個(200粒)

 

 

マスク着用して仲人との距離が1m離れているのに、

なにかいい匂いする いつも。香水つけてる??

印象は好評なんですよね(笑)。

 

 

異変を感じてから歯医者にいくのではなく、周りにいる人々に迷惑をかけないために歯のメンテナンスを継続する心構えが40代男性に求められます。

口臭悪化の原因はいろんな要因が絡んでいますが、虫歯悪化や歯周病によるものが大半を占めます。

 

他の条件はすべて良かったのに…これから共に生活(結婚)となると、あの口臭だけはどうしても耐えられませんでした…

 

笑うに笑えない話ですが、体臭を含めたニオイが原因で成婚に結びつかない事例もあるのです。

体臭が無理でした。

 

薄毛と成婚の関連性は? 40代婚活薄毛男性が自信をもどすための発毛剤

 

薄毛だから成婚できない そんなことはありません。

バーコードみだれ髪で誤魔化さずに、たとえ薄毛でもえりあしと再度を刈り上げる短髪なら、清潔感をさわやかにPRできます。

現実に、薄毛男性が成婚している事例はまわりにもいるはずで、珍しくもなんともないですよね。

 

 

ですが!

アイデンティティ(毛髪)を失い続ける受け入れがたい現実にショックを受け、自信を無くしていく男性は本当に多いです。

 

 

ちなみに私は30代中盤から薄毛が加速しだして、外出が怖くなる時期がありました(笑)。

 

お金をかけてカツラや育毛剤で誤魔化すくらいなら潔く丸坊主になるね、ハッキリ言って見苦しいよね

 

ハゲる気配が今のところない男性は、このような暴言を冗談交じりに吐き捨てがちです。

 

 

薄毛になったからこそ断言しますが、そんな簡単に割り切れないからこそ発毛剤・育毛剤は多種多様に販売され、植毛治療は進化をとげ、高品質なカツラが提供され続けるのですよね。

 

一時はあきらめかけた生え際からの毛髪も、

発毛剤フォリックスFR15ローション[ミノキシジル15%]を塗布し続けたことで自信を取り戻せたわけです。

 

外出先でビクビクおびえずに結婚相談所での婚活が続けられているのも、発毛剤あってこそなんですよ。

お坊さんのようにツルっと割り切れるものではありません(苦笑)。

 

 

正直、50代からの薄毛改善活動よりも、40代の早いうちに始める方が回復も期待できますからね。

成婚には関係ない?収入アップと安定生活につながるオンライン英会話

 

結婚に必要なのは英語力!

 

そんなわけはありませんが(笑)、仕事の幅と視野を広げ、世界共通言語「英語」でコミュニケーションできる方が圧倒的有利なのは間違いないですよね。

たとえば、プログラミング+英語のスキルを兼ね備えていれば年収1000万もめずらしくないのですから。

 

年収1000万稼ぐには英語力も必要だ

 

稼ぐ力=安定した生活=女性が男性に求めている重要ポイントのひとつ

 

この公式に反論の余地はないでしょう。

 

 

私の場合、インバウンド観光客への接客対応を求められたことをきっかけとして、その日の夜にDMM英会話入会(無料体験2回付き) を済ませました。

オンライン英会話なら、スマホorPCをもっていれば、自分の生活プランに合わせて世界各国に点在するネイティブ講師と格安料金で勉強できるのが最大の魅力です。

 

 

英会話できれば海外市場を狙っている企業への就職に有利に働きかけますし、

英語ができれば自ら起業して海外マーケットも視野に入れたビジネスで収入青天井もけっして不可能ではありません。

地域で英語力を求めている会社や企業/団体もありますが、英語コンプレックス日本人は挑戦(勉強)しないので、席はがら空きのままです。

 

 

アラフォー(40代)からはじめたオンライン英会話を4年以上学び続け、着実に英会話力はアップしています。

 

英語の重要性は日本人誰もが知っているけれど、

英語教室やオンライン英会話に申しこむ人は3%にも満たないですからね。

 

40代からのオンライン英会話はこちら

 

婚活のいったんのゴールは成婚と言いましたが、

結婚したあとからお互いの生活はスタートするわけで、生活するにはとうぜんお金が必要ですよね。

 

需要(英語人材)があるにも関わらず、まわりがやらない(出来ない)ことをやれるようになれば、

まわりより抜きんでて稼ぐことができます。

 

英会話できなくても幸せな結婚生活はまわりにあふれていますが、英会話できるほうが稼ぐチャンスに恵まれ、尊敬の目を集められるのは明らかですよね。

無料レッスン2回から人生を変えるDMM英会話

 

夫婦で海外旅行に行くときも、世界共通言語・英語でコミュニケーションできるから得することしかありません。

空港・ホテルチェックインや現地タクシードライバー、買い物、食事など、すべての状況で会話できないと旅行が成立しませんからね。

 

 

頼りがいのある旦那像をPRするにも、頼れる旦那になるためにも(笑)、婚活中に英会話習得はマストだと思いますよ。

結婚したい40代独身男性が相談所で婚活開始 成婚を勝ち取る軌跡【後編】はこちら

結婚相談所で婚活
ハタナケをフォローする
サイト運営者
この記事を書いた人
ハタナケ

結婚相談所やアプリで絶賛婚活中の40代未婚ブログの運営者です。

人生折り返しの40代からでも成婚できることを証明するために、情報発信中です。

独身にモヤモヤを感じている40代男性が、ブログを読んで「はじめの一歩」を踏み出してくれたらとても嬉しいです。

1年前から始めた趣味ゴルフで婚活疲れを飛ばしながら「飛ばす300Y・スコア100切り」を目標に毎日楽しんでます♪

ハタナケをフォローする
ポチっとクリックお願いします!!
アラフォー未婚男の婚活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました